地震が怖い。地震に備えた賃貸物件とは

地震の備えた賃貸物件の探し方はどうしたらいい?

地震に備えた賃貸物件1

賃貸選び方ドットコム 不動産プロが教えるお部屋探しのポイント・コツ

 

地震とはいつも隣り合わせの日本。阪神淡路大震災や東日本大震災。
日常の暮らしがいつガラっと変わってしまうかわからないし、いつ起こるのか?また予測できたと
しても、果たして防ぐことが出来るのか?答えはNO!完全に防ぐことなんて人間には不可能です。

「自然には勝てない。」それでもいざという時の為に備えるしかありませんよね。

賃貸物件を選ぶ際に、簡単に、そして手軽に地震対策をしてある物件を選ぶ方法をお教えします!
と言ってもここでいう方法は、普通に賃貸物件を選ぶ際に少し地震について気になる。。
と言う方むけで、本当に細かく説明してしまうと・・・数字だらけの勉強になってしまいますので
なんとなく頭の片隅に入れといて頂ければ!という不動産知識をお教えします。

 

賃貸物件のお部屋探し時に地震に強い建物は何を見れば解るのか?

賃貸アパートやマンションの築年数に注目です

不動産会社の比較
賃貸選び方ドットコム 地震に強い建物を選ぶのではなく地震に弱い建物を選ばない方法

 

あくまで目安として簡単に地震に強い建物を選ぶ方法です!
いや・・・逆の発想ですね。地震に強い建物ではなくて、地震に弱い建物を選ばない方法ですね。

難しい事は何も覚えなくてもいいんです。ちょっとだけアパート・マンションの築年数を見てみて
下さい。建物の構造(木造・軽量鉄骨造・鉄骨造・RC造・SRC造)を見る前に築年数です。

地震に弱い建物を選ばない方法のキーワードは、1981年6月以降に建築された建物を選ぶ事です。

皆さんも聞いた事があると思いますが耐震基準という言葉がございます。
最近、賃貸物件を契約した方は、賃貸物件の契約の際に重要事項説明書というものがありますよね。
そこにも説明があったはずです。今は耐震基準の説明が義務付けられてますので。

大きな地震がある度に耐震基準は変わってきてます。耐震強度・構造計算など難しい事はいいま
せんので覚えておくのは・・・1981年6月(昭和56年)以降に建築された建物を選ぶ事です。
それを新耐震基準をクリアした建物とも言います。

阪神淡路大震災の際に全壊してしまった大半の建物は、昭和56年築以前の新耐震基準を超えていない
物件・建物でした。

 

賃貸物件でも気になる耐震基準の違いって何?

旧耐震基準と新耐震基準の違いを分かり易く説明

本当になんとなく理解をして頂ければと思います。
私が昭和56年6月以降の建物を選んでもらった方がいいです!と言ったのはこの耐震基準に
よるものです。では、旧耐震基準と新耐震基準の違いを「あっそうなんだ!」と思って頂ける
ように簡単にいきますね。

● 昭和56年5月までの建物 旧耐震基準は・・・
震度5ぐらいの地震にも耐えらえる!を基準にしている。
● 昭和56年6月以降の建物 新耐震基準は・・・
震度7程度の地震でも全壊や倒壊せず耐えられる事!を基準にしている。

 

と言う違いがあります。だいぶ違ってきますよね。最近の地震でいってしまえば、
震度5程度の地震というのは普通に起こりうる地震の大きさとなってきています。

もちろん昭和56年以前の建物でも耐震基準に関係なくしっかりと強く建築された建物や
自社で安心の建物を!と頑張っていた建築屋さん・ハウスメーカーもあると思います。
それに、旧耐震基準の建物でも補強工事をしていて安心のアパートやマンション、一戸建も
あるかと思いますが、一般の方が選ぶ時・物件探しの時にはわからないですよね。
不動産のプロが見たってすぐに分かる訳ではありませんから。

地震が気になる方が賃貸を選ぶ、お部屋探しの際のポイント・コツ

賃貸物件で万が一の地震対策として選ぶポイントやコツ

先ほども言いましたが、昭和56年以前の建物が絶対にいけない訳ではありません。
あくまでリスク回避の1つです。

一時期前のニュースで姉歯建築、横浜市の大型マンションの手抜き工事や構造計算の詐欺。
どれも昭和56年以降の建物でこんなニュース出てくるが出てくると本当に何が信用できて
何を基準にしたらいいの?とはなってしまいます。なので
「確実!100%」って事はこの世にはないと思いますが安全な確率が高いのであれば、
新耐震基準を満たした建物、それを選ばない理由はないと思います。

本当に万が一に備えてですが、数千円の賃料の違い・駅から徒歩2分だけ遠くなってしまう
等であれば安心を選ぶ方をやはりオススメします。
事件や事故もそうですが、当事者になればお金で解決できれば安いもの!って思う時も
でてきますからね。

賃貸物件を選ぶ時のポイント・コツのまとめ

「耐震補強をした建物や旧耐震基準の中でもしっかりとした建物」を見極めるよりも、
簡単に、築年数を見て昭和56年6月以降の新耐震基準を満たした建物を選びましょう!!

難しい事を覚える必要はありません。ここの注目してみて下さいね!

 

 にほんブログ村 住まいブログ 賃貸住宅・賃貸物件へ